結婚式の決め事はたくさんある|一つ一つ解消しよう

招待状

結婚式とその準備

結婚式を挙げる場合、早めの準備が必要なものに招待状がある。招待状は個人で作成することもできるが、業者利用が最適である。業者に依頼することで高品質のものが期待でき、作成から発送までの手間が省けるということも魅力である。

式場を決める時のポイント

ウェディング

条件を決めて式場を決定

静岡で結婚式を挙げることになったら、結婚式場を決めなければなりませんが、その前に、2人で話し合っておかなければならないポイントがあります。まず挙式スタイルですが、神前式、教会式、人前式とあり、教会式はカトリックとプロテスタントに分かれます専門式場を選べばどの挙式スタイルにも対応している場合が多いですが、神前式を希望するなら静岡の神社、キリスト教式を希望するなら教会で挙式をすることもできます。親せきや会社の先輩、同僚、友人など、ゲストはどんな人をどんな割合で呼ぶのかを決めていきます。両家のゲストは半分ずつだとバランスが良いですが、双方の親が了解していれば大丈夫です。静岡で結婚式を行うに際して注意しなければならない点として、会場や日取りによって人気があるところはすぐに予約で埋まってしまうことです。春や秋などの人気のあるシーズン、大安や友引などに挙式を考えている場合は、準備を早めにスタートしましょう。2人の都合だけでなく、出席してくれるゲストや親せきなどの予定も鑑みて、日取りを決めましょう。ゲストの人数が決まらないと、会場の予約や下見ができないので、ゲストのリストアップは早い段階で行いましょう。会場によっては、大人数は収容できなかったり、少人数には対応していない場合もあります。静岡の結婚式場には、ホテル、専門式場、ゲストハウス、レストランなど、さまざまなタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。出席するゲストのことや自分達がこだわる演出が行えるかも考えて、会場を選びましょう。

パーティー

面倒な作業をプロに依頼

結婚式の二次会は、親しい人に幹事をお願いするのが一般的でした。しかし、相手が忙し状況だと気遣いをしてしまう場合もあり、遠慮がちになってしまいます。このような場合はプロが行う幹事代行が面倒な作業をすべて行ってくれるので、気遣いなくお願いができます。

カード

決まり事が沢山ある

細かなマナーがたくさん存在する結婚式の招待状は、作成する前にルールやマナーをきちんと調べておく必要があります。相手が郵送する出欠確認はがきには、返信用の切手を貼っておくのがマナーです。また、基本的に招待状の宛名は毛筆で書くようにしましょう。