結婚式の決め事はたくさんある|一つ一つ解消しよう

決まり事が沢山ある

カード

評価が上がる

結婚式の招待状には、送る側にも送られる側にもどちらにもいくつかのルールがあります。ルールをきちんと守りお互いに失礼の無いようにする必要性があります。まず招待状を送る側ですが、大体結婚式の2ヶ月ほど前に送る必要があります。そして出欠の確認を1ヶ月前までに頂く必要があります。出欠の確認のハガキだけでなく、一緒に会場までの地図を入れておくほうが良いでしょう。余興やスピーチなどを頼む場合は一緒に付箋など入れてきちんと確認しておく必要があります。そして招待状は、手渡しする場合と郵送する場合は少しルールが異なります。基本的にすべての招待状は手渡しで渡すほうが良いです。しかし遠方まで出向くのは大変ですので、そのような場合は郵送する方が良いでしょう。しかし会社の上司などの上席の人を招待する場合は、手渡しするほうが良いです。手渡しする場合でも出欠の確認ハガキにはきちんと切手を貼っておく必要があります。郵送する場合は、住所を手書きで書く時は毛筆で書き、切手は慶事用の切手を準備する必要があります。次に招待状を送られた側ですが、出欠の確認のハガキを出すのに様々なマナーがあります。結婚式の出欠の確認だけですが、きちんとマナーを守り相手に失礼にならないようにしましょう。結婚式の招待状には様々なマナーやルールがあります。これらの基本を守りきちんとしていれば、その人の評価が上がることでしょう。そしてお互いに気持ちが良いでしょう。